【TIPS】装花費用をできるだけ抑える方法3つ

今回は、私が実際に体験した「装花費用をできるだけ抑える」方法を伝授します

コツとしては次の3つです
・使いたいお花を見つける
・お花の相場を知る
・お花の担当の人と交渉

★使いたいお花を見つける
あらかじめ使いたいお花を見つけておきましょう。
季節によっても違ってきます。
お式を挙げる季節が旬のお花だと安く調達できるのでチェックしておきましょう。
(参照:フラワーガイド

Googleなどで装花などのイメージをたくさん見て、自分の理想の装花のイメージを作った後は、使いたいお花を見つけておきましょう!

★お花の相場を知る
使いたいお花をピックアップできたら、今度はそのお花がどれくらいのお値段かを知っておきましょう!
お花屋さんへ行ってみるのが一番です。
使いたいお花で、使いたい装花をイメージして花束などを作ってもらいましょう。
そして大体どれくらいかかるかを確認しておきます。

私はできるだけシンプルにしたかったのでこんな感じがいいなーとイメージして家で飾ってみたりしました。
楽天などで売ってる造花の花びらを散らすだけでも割と華やかに見えます。

 

大体こんなシンプル(シンプルすぎるけど…)で、500円くらい。
結局お花は余分かなーっと思ってこの木の枝みたいなの(ウンリュウヤナギといいます)だけにしました。
なので、300円くらい。

別にシンプルではなく、豪華な感じにしてもいいと思います。
ただ、お花だけの値段でどれくらいかかるかを確認しておきましょう。。。
そして、お花屋さんで作ったお花を一度イメージどおりになるよう家で飾って写真を撮っておきましょう。
この後お話しますが、結婚式場のお花屋さんは正直ぼってきます。。

★お花の担当の人と交渉
ここが山場です。
お花だけの値段を把握してから、お花担当の人との打ち合わせに行きましょう!
コレは絶対!

私の場合、選んだ式場のお花がとりあえず普通よりも高い…という情報を得ていたので準備万端にしていきました。
いろんな人の話を聞く限り、ここでケンカっぽくなる人が多いみたいw

上記の通り、私が選んだお花(っていうか枝…)は全部で300円くらい。
こんなイメージです、というのを(上の写真)お花担当の人に見せたところ、「これだと各テーブル30000円くらいです」といわれました。
お花代は300円なのに、です。
特にお花に関しては使えないお花があることを計算して、ちょっと多めに仕入れています。なので、ちょっとお高くなるのは仕方のないこと。
そして、お花をテーブルに飾るアレンジメント料もあるので、お花300円(これは例えです)ではすまないのはわかるけど…って感じですよね。

家で撮った写真を見せて、大体どれくらい見積もりになるか聞いて見ましょう。

そして、びっくりする値段を言われたら、「このお花、お花だけで○○○円だったんですが、アレンジメント料はどれくらいになっていますか?その見積もりの内訳を教えてください」といいましょう。
私の場合、結局「セット料金なので内訳は…」と濁され内訳は聞けなかったけど、どこかに電話した後、「5000円で出来そうです」ってことになりました。。
濁されるかもしれないけど、ちょっと押し気味で聞いてみる方がいいかもです。
ただ、強く出すぎるとシコリが残っていいお仕事してもらえなくなるかもしれないので…ちょっとだけ押し気味に…ってところがポイントです。

結婚式の費用って結婚式場の言いなり(?)になって、内訳がよくわからないことが多いのですが、わからないままにしてるのはよくないです。
キチンと内訳を知って賢い結婚式にしましょうね!

広告