【DIY】ブライダルエマージェンシーキット

こんにちは。
今回は結婚式当日に必要なものを詰め込んだエマージェンシーキットを作る方法です!

結婚式当日は、このエマージェンシーキットを持って臨み、最高の一日にしましょう!
これから挙げるのはエマージェンシーキットの中に入れるといいものですが、ぜひあなた自身が入れた方がいいと思うものが他にあれば追加してくださいね!
このエマージェンシーキットは前日など結婚式当日に近づいてからではなく、前もって準備しておくと、心にも余裕ができるし、安心できるでしょう!

———エマージェンシーキットに必要なもの———

1. メイク落としシート
2. マウスウォッシュ
3. ボディローション
4. いつも使っている痛み止め
5. 胃薬
6. しわ取りスプレー
7. ハード系ヘアスプレー(ケープなど)
8. タンポン(生理用ナプキン)
9. デンタルフロス
10. ミント
11. 歯ブラシ
12. 歯磨き粉
13. ガム
14. 無色のリップグロスとリップクリーム
15. 毛抜き
16. ワセリン–ワセリンってとても使えるヤツなんです!靴擦れしそうなところに塗っておくと摩擦が減って靴擦れを軽減してくれます!
17. 目薬
18. ストッキングとソング(T-バック)–そのとおり!これを読んでいる人のうちの誰かは絶対これ忘れちゃうんだから笑!
19.ヘアピン
20. 綿棒
21. 安全ピンとコサージュピン
22. ピアスのキャッチ
23. DIYソーイングキット(詳細は後ほど…)
24. 絆創膏
25. ころころ
26. ストロー–せっかく綺麗にメイクアップ・ドレスアップしたのに、飲み物を飲むときにメイクが崩れたり、ドレスが汚れるの嫌ですよね。
27. ドレステープ(ファッション用両面テープ)
28. 爪やすりと爪きり
29. コットン
30. マニキュアとトップコート
31. かみそり
32. 制汗剤
33. ティッシュ
34. 瞬間接着剤とつけまつげ用接着剤–ヒールが折れたときやつけまつげが取れてしまった時用に!
35. ボディスプレイまたは香水
36. しみぬき
37. シリアルバー
38. 小さめのハサミ–タグを切るのに重宝します
39. 消毒用ハンドジェル
40. ヘアゴム

細かいアイテムは小さいジップロック袋に入れると探さずに済みます!

これらのエマージェンシーキットを揃える中で、二つだけ本当にDIYするものがあります!
1つめ – エマージェンシーキットのラベル
2つめ – 小さいカードくらいの大きさの紙に切れ込みを入れてソーイングキットを作ります。ソーイングセットは買ってきてもいいですが…本当に必要な色の糸が入っていないことが多いですよね。ドレスの色にあった糸が入っているか確認してくださいね!

エマージェンシーキットのラベルはこちらからダウンロードできます!
グリーンバージョン
グレーバーション

こんなカワイイバッグに詰め込めば、会場にそのまま持って行って置いておいてもカワイイですよね!
いかがでしょうか?

ほとんど買い揃えるだけだし、なんならほとんどが100円ショップで買えるものなので、スペシャルデイに向けて準備しておいてくださいね!!

参考元ページ:

http://somethingturquoise.com/2013/05/03/diy-bridal-emergency-kit-giveaway/

【DIY】パールイニシャルケーキトッパー

image

今回はパールイニシャルケーキトッパーをご紹介いたします!

今回のものも!100円ショップにあるもので作れます!
ぜひ挑戦してみてください!

———必要な材料・道具———

image

・はさみ
・厚紙
・パールビーズ
・手芸用ボンド
・竹串

【STEP1】

image

パソコンでお好みのフォントでイニシャルを書いてプリントアウトします。

【STEP2】

image

image

プリントアウトしたイニシャルを切り抜きます。

【STEP3】

image

切り抜いたイニシャルを厚紙に貼ります。
印刷した面に糊付けして貼って、キレイな面のほうが表になるように工夫してくださいね!

【STEP4】

image

貼り付けた髪にそって厚紙を切り抜きます。

【STEP5】

2015-08-21_20.58.44

2015-08-21_21.00.10

厚紙に手芸用ボンドを厚く塗ってパールビーズを1個ずつ地道に付けていきます。

最後に

image

竹串を後につけて出来上がり♡

いかがでしたでしょうか??
パールだと少し上品な感じになります!
ぜひやってみてください!

【DIY】スパンコールきらきらテーブルナンバー

今日はスパンコールできらきらしてるテーブルナンバーをご紹介いたします!

image

材料は今回も百円ショップでゲットできるものばかりです。

———必要な材料・道具———
DSC_1098

・はさみ
・糸でつながってるスパンコール
・厚紙
・セロハンテープ
・手芸用ボンド

【STEP1】
image

パソコンでお好みのフォントで数字を2つ書いてプリントアウトします。

 

 

【STEP2】

image

image

数字を切り取ります。

 

 

【STEP3】

image

厚紙に数字をはって数字型に切り取ります。一枚は裏返しにして箱型の数字を作れるようにしておきます。

 

 

【STEP4】

image

 

数字が箱型になるように厚みを作ります。

フォントの文字の太さに合せて数字の厚みを作るとバランスよくなります。

 

 

【STEP5】

image

 

 

箱型になるようにセロハンテープで形作っていくとイニシャルオブジェのようになります!

 

 

【STEP6】

image

つながってるスパンコールの先をセロハンテープで留めてぐるぐる数字に巻いていきます。

image

始めの一列めはボンドで留めて巻いていくと固定されて巻きやすいです。

なるべく、前の列に重なりめで巻くときれいに巻けます。並べて巻くと後から下地が見えるので重なりめのほうが仕上がりがきれいです。

 

image

 

こんな感じになったら出来上がりです。

細かい部分や巻けない部分もあるので、短めに切ったスパンコールを貼り付けていくときれいに出来ます。

 

いかがでしょうか??

巻いていく作業がこんなんでいいのかな!?って感じになりますが、割と適当に巻いても仕上がりはきれいに見えます!!

簡単なのでぜひトライしてみてください!!!